ゴルフスイングの連続写真を見るときに、最も注目すべきところ

ゴルフスイングの連続写真を見るときに、最も注目すべき点がある。

それはどこか?

注目すべき箇所はどこか

一番注目すべきところ。

それは、「骨盤の動き」だ。

普通に連続写真を見ると、どうしても「腕」の動きに目がとらわれる。

一番大きく派手に動いているからだ。

そして、そこから得られるイメージは、腕を力いっぱい動かして、ボールをひっぱたいているようなイメージだ。

しかし、スイングの本当の動きは違う。

腕を力を込めて動かしているのではなく、背骨中心の回転を力いっぱい行っているのだ。

腕は、背骨中心の回転エネルギーによって動いているに過ぎない。

そして、背骨中心の回転を行うには、骨盤をしっかりと回す必要がある。

したがって、連続写真を見るときは、骨盤の動きをしっかりとみることが大事になるのだ。

骨盤の回転を感じ取る

テークバックで骨盤がどのような向きになっているか。

ダウンスイングを開始して、クラブが地面と水平になった時、どこを向いているか。
そして、インパクトのときに、どこを向いているか。
しっかりと見てみることだ。

そうすると、骨盤がしっかりと回転していることがよく感じ取れるはずだ。

骨盤の回転を感じ取ることができたら、その後に改めて腕の動きもみてみる。
骨盤の回転の動きと腕の動きがどのような関係になっているか。

すると、骨盤の回転が先行し、腕は遅れて動いている、ということがよくわかるはずだ。

腕だけ見ていては、このイメージは感じ取れない。

骨盤をしっかりとみることが大切なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする