ボールを打つためには、ボールを打つという意識を捨てる

ゴルフは、ゴルフクラブでボールを打つスポーツだ。

当たり前のことだが、上達には、この当たり前のことを意識改革する必要がある。

ボールを打つという意識を捨てる

ゴルフは確かに、ゴルフクラブでボールを打つスポーツだ。

これは紛れもない事実だ。

しかし、「ボールを打つ」ということを実現するためには、ボールを打つという意識を極力「なくす」必要がある。

禅問答のようだが、どういうことか。

ゴルフクラブでボールを打つ、ということを普通に行おうとすると、クラブを腕で振り回し、クラブヘッドでボールをできるだけ強く叩こうとする。

確かにこれは、ごく自然な動きだ。

しかし、これではボールは飛ばない。

なぜか。

それは、ボールに伝わるエネルギーが小さいからだ。

ボールを飛ばすためには、当然、より大きなエネルギーでボールを叩く必要がある。

しかし、腕で叩いたところで、腕の力は小さい。

また、回転半径が小さいために、エネルギーが小さいのだ。

ボールを打つのは、体全体の回転の結果

背骨中心の回転を行った結果、クラブヘッドが円運動で回転し、そして、ヘッドとボールがぶつかってエネルギーがボールに伝わり、ボールが飛んでいく。

これが、ゴルフクラブでボールを打つ、ということだ。

大切なのは、体の回転によって動いたヘッドに、ボールは結果として当たるだけ、という点だ。

体全体の回転運動が主体であり、ボールがヘッドに当たるのは、体全体の回転運動を行った結果に過ぎない。

ボールを打とうとせず、体の回転に意識を置く。

ゴルフスイングを極めるための、大切な意識改革である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする