ベテランにも結構多い、体の正面で円を描くような誤ったスイング

ゴルフスイングは、背骨中心の回転運動だ。
これがわかっていない初心者は、勘違いした動きをしてしまうが、実はベテランでも勘違いしている人は多い。

どちらのイメージでスイングしているか

綺麗な円軌道を描いているスイングの写真を見た初心者が、必ず陥る勘違い」でも書いたが、スイング写真や動画を見ると、腕は丸く振られているように見えてしまう。

どういうことかというと、正面から見た時に自分の周りを取り巻く円があり、その円に沿うようなイメージで、腕を振ってしまうのだ。

このような動きをするとどうなるかについても、先ほどの記事にて述べている。

実はこの動き、ゴルフ練習場で非常によく見かける動きだ。

そしてそれは、初心者だけではなく、ゴルフを初めて相当の年月を費やしていると思われるベテランにも多い。

今一度振り返ってみてほしい。

自分は、どちらのイメージでスイングを行っているか。

背骨中心の軸回転のイメージと、正面から見て円を描くようなスイングでは、まるでイメージが違うので、このイメージの違いに気づくことは、とても重要だ。

スイングの違いを体感する

直立してやってみると、より顕著に違いがわかる。

背骨中心の軸回転のイメージの場合は、テークバックでは右に体を捻転し、それにつられて腕は肩の高さあたりで水平になる。

フォローではその逆だ。

しかし、正面から見て円を描くようなイメージだとどうなるか。

正面から見た時、あたかも自分の周りに時計盤があり、腕は時計の針のようなイメージで、ぐるぐると腕を回転させるような運動になる。

果たして、どちらが正しい動きなのだろう。

パワーが出るのは、どちらの動きなのだろう。

今一度、自問し、振り返ることが大切だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする