ドラコンホールで力むことによるデメリットの大きさとその理由

ドラコンホールやロングホールでは、いつもよりも「かっ飛ばしてやろう」という意識が働く。

しかし、思いきり力んでショットした結果は大抵芳しくない。

そして、その影響はそのホールだけにとどまらないことが多い。

力みが引きおこす弊害

力むと何が起きるかというと、大抵、腕に力が入る。

本来であれば、骨盤を力強く回転させるだけでよいのだが、どうしても力の入れやすい腕に力が入ってしまう。

腕に力が入ると、骨盤の回転がおろそかになる。

また、手首の返りが早くなる。

するとクラブヘッドがインパクトの前に返るため、体の回転が不十分であることも相まって、急激にフックするボールが飛び出してしまう。

せっかくのドラコンホールなのに、力んだためにいつもよりも飛ばないという悲劇が起こるのだ。

力んだ影響はそのホールだけにとどまらない

力んだ影響がそのホールだけにとどまるのならよいのだが、そうはいかないことが多い。

力まないスイングに戻そうとしても、一度力んでしまったものを元に戻すのは意外と苦戦する。

元の振り方を忘れてしまっているからだ。

練習場なら何度か試すうちに戻るかもしれないが、ラウンド中だとそうもいかない。

ドキドキしながらスイングしてぎこちないスイングになり、飛ばなかったり、スライスしたり、ダフったりと、めちゃくちゃになっていく。

ドラコンホールやロングホールでも、いつも通りのスイングをする。

肝に銘じたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする