腕を使わずにスイングするコツ

腕は、意図的に使うものではない、とよく言われる。

でも、いくら使わないでおこうとしても、なぜか使ってしまう。

なぜ、腕を使うことをやめられないのだろうか。

実はそこには理由がある。

腕を使ってしまう理由とは

その理由は、ボールを飛ばすための運動に対する誤解にある。

誤解とは何か。

それは、ボールは「打つもの」、という誤解である。

ボールを打つ、というのが誤解とは、いったいどういうことだろう?

打つというイメージだと手を使ってしまう

ゴルフで球を飛ばすための運動を、普通に言葉で説明するならば、「先端に塊がついた細長い棒で球を叩いて、球を飛ばす」となる。

この言葉からイメージされる運動を行おうとすると、普通は「手」や「腕」を使って、ボールを「打つ」動きとなる。

確かに、それでボールは飛んでいく。

しかし・・

ゴルフの場合は、それだけでは目的は達せられない。
ちょこんとボールを飛ばすだけではなく、より遠くに飛ばさなければならないのだ。

となると、先ほどの動きではだめだ。手を使った運動はエネルギーが小さいので、ボールを遠くに飛ばすことができないのである。

「打つ」ではなく「回転」

そこで、最大のエネルギーが出る運動、すなわち背骨中心の回転運動を使って、ボールにエネルギーを与えてやる必要がある。

この動きを言葉で説明するならば、「背骨中心の軸回転を行い、そのエネルギーによってヘッドを円軌道で動かすことにより、円軌道上にあるボールにヘッドが接して、ボールが飛んでいく」となる。

この言葉からは、ボールを「打つ」というイメージは感じられず、また手を使うというイメージも感じられないはずだ。

腕は使わないというのは、言い換えると、意識の外にある、ということだ。

背骨中心の軸回転を行うことだけに意識を集中させればよい。その結果としてヘッドとボールが接触して、最大のエネルギーでボールは飛んでいく。

まずは、ボールを「打つ」というイメージを捨て去る。そして、背骨中心の軸回転によるスイングを行う。結果、手を使わないスイングが完成するのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする